ヒットマン日本語版発売!海外版の評価は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒットマンの評価

ステルスアクションゲームの人気シリーズヒットマンの新作が発売されます。
近作はヒットマンシリーズの第6作目。

既に海外では発売され高評価を得ていて、そのフルローカライズされた日本語版がスクウェア・エニックスから発売されます。

ヒットマン海外版の評価は?

ヒットマンの発売日と価格

・HITMAN(ヒットマン)COMPLETE FIRST SEASON
・ジャンル:ステルスアクションゲーム
・発売日:2017年8月10日
・PS4、Xbox one、PC(steam版)
・価格:通常版7,800円+税 DL版6,800円+税
・CERO:Z

PS4版のみ、パッケージ版で発売されます。Xbox One版とPC版はダウロード版のみ。
また、PS4のパッケージ版で日本語音声でプレイするためには日本語音声パックのダウンロードが必要になります。

ヒットマンプロローグ(体験版)

ヒットマンの体験版が配信中です。

・PS4版 PS Storeで100円+税で販売中。
PS Storeで購入すると英語音声(日本語字幕)版がダウロードされます。日本語音声でプレイするためには音声パックのダウンロードも必要。

・Xbox One版 Xbox Storeで無料配信中。
PS4版と同じく、日本語音声でプレイするには日本語音声のダウンロードが必要。

・PC版 Steamで無料配信中
日本語音声は2017年8月10日以降に対応予定。

ヒットマン 海外版との違い

ヒットマンの海外版は既にリリース済み。ヒットマンは6章で構成されていて、海外版では1章ごとに順次追加されていくシステムでリリースされました。2017年1月には、全て収録されたHITMAN THE COMPLETE FIRST SEASONが既に発売されています。

その、HITMAN THE COMPLETE FIRST SEASONのフルローカライズ版が今回日本語版としてリリースされます。

前作からの進化した点

ヒットマンはステルスアクションゲーム。主人公47は伝説の暗殺者で、プロローグ・パリ・サピエンツァ・マラケシュ・バンコク・コロラド・北海道を舞台に様々なミッションをこなしていく。前作から進化した点は、マップが広大になったところ。

ヒットマン47は、世界中を飛び回り様々なミッションをこなす。マップは前作のアブソリューションより広大になり、各マップの面積はアブソリューションの6倍から7倍ほどに広がった。また、マップも綿密に創りこまれ膨大な数のNPCも存在し、現実世界を見るようなリアルさが近作の醍醐味。

ヒットマンのゲームシステム

ヒットマンのミッションでは、ヒントを参考に、ギミックを利用したり、変装したり、変装すると見破る敵もいたりと手ごたえのある難易度に仕上がっている。どれだけ効率よくミッションをこなすか?というところが腕の見せ所だ。

また、ヒットマンではオリジナルのミッションを作ることが出来る。オリジナルのミッションを作成できるコントラクトモードでは様々なクリア条件を設定し、自分で作成したミッションをオンラインを使い、他のプレイヤーが遊ぶことが出来る。

ヒットマンの海外版の評価

海外のSteam版をプレイした方の評価です。高評価とした人が12000人、低評価が4500人なので、全体的には高評価です。高評価のを付けた方の感想はは、「グラフィックが凄い!」「面白い!」「何度も遊べる!」「前作の一本道は改善された!」など。前作は一本道のシナリオだったので、散々こき下ろされたそうですが、それが改善されたということで、シナリオも評価を得ています。

低評価を付けた方の感想は、「ステージが少なくて飽きる」「重い」など。普通にプレイするだけだと1章が約1時間でクリアが可能。そのため、全章プレイしても6時間ほどでクリアできる内容です。クリア条件を変えて、何度も同じステージをやりこむのがHITMANなので、同じステージを何度もやるのが苦手な方には向かないかもしれません。

また、グラフィックが綿密に作りこまれているということで、「重い」「落ちる」というのがPC版でも起こるようです。PS4やXbox One版では、その点をどこまでクオリティーを落とさずクリア出来るか?ということが発売後の評価を決めるかもしれません。

SNSでもご購読できます。