BO4 ベータ スナイパーライフルの感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コールオブデューティー ブラックオプス4のベータが実施されました。

スナイパーライフルを使ってみたのでその感想です。

 

 

BO4 ベータ スナイパーライフルの感想

最初はサブマシンガンとかアサルトライフルとかも使ってましたが、あまりにも打ち勝てないので途中からショットガン+スナイパーだけでやってました。

ショットガンを使ってみた感想は前の記事で書いてます。

今回はスナイパーライフルを使ってみた感想です。

BO4 ベータ スナイパーライフル

ベータで使えたスナイパーライフルは2種類です。

PALADIN HB50とKOSHKAというスナイパーライフル。

ショットガンの記事でも書きましたが、今作は役割分担がしっかり分けられているような感じです。

なので、2種類のスナイパーライフルもそれぞれ特徴、付けられるアタッチメントが違います。

PALADIN HB50

・大口径
・AP弾
・スタビライザー
・ADSリローダー
・大口径Ⅱ
・AP弾Ⅱ
・スタビライザーⅡ

KOSHKA

・大口径
・AP弾
・クイックドロー
・レーザーサイト
・ファストマグ
・ストック
・クイックドローⅡ
・レーザーサイトⅡ

PALADIN HB50の方は、定点で中長距離を狙うのに適したスナイパーライフルで、KOSHKAは凸砂に適したスナイパーライフルだと思います。

PALADIN HB50を使った感想

最初は弱いですが、大口径を付ける胴よりより上のダメージが増えるのでワンショットキル出来るようになります。

ただ、ボディーアーマーを着てるとワンショットではキルできません。

使った感じとしては、BO3とは全然違う。

サブマシンガン、アサルトライフルはBO3と同じようなエイムの感覚でしたが、スナイパーライフルは全く違いました

BO3と比べて、BO4のほうが、スコープを覗き込んだときのスピードがかなり遅くなります

最初は全くエイムが合わなかったので、BO3では4、4でしたが、8、8に変えて使うとそれなりに使うことが出来ました。

KOSHKAを使った感想

最初は、PALADIN HB50を使ってみて、「弱いな~」と思ったので、途中からKOSHKAを使ってました。

使ってみた感想は、ホントにクイックショット専用といった感じで、とにかくスコープガン見だと揺れまくって当てにくかったです。

アタッチメントでクイックドローとクイックドローⅡというのが一緒に付けられますが、この2つを付けるとものすごく覗き込みが速くなります。

ちょっとBO3ではありえない速さだったので、逆に使うのが難しく、ここら辺は製品版が発売されてからBOT撃ちで練習しないと難しいかなといった印象でした。

また、KOSHKAには、レーザーサイトが付けられます。

スコープを覗き込まなくても中心点がわかるので、これも完全に凸砂のクイックショット専用といった感じです。

ボディーアーマーが強い

今回は体力が多いのですが、スナイパーライフルならワンショットキルが可能です。

ただ、ボディーアーマーを着てるとワンショットキル出来ないので、凸砂にとっては圧倒的不利

ヒットさせても、「パリン!」「パリン!」

みんなボディーアーマー着てるのでウンザリしました。

PALADIN HB50なら、中遠距離でヘッドショット1発で倒せれば良いけど、KOSHKAでヘッドショットというのは難しい。

アタッチメントのクイックドローで機動力を取るか?大口径で威力を取るか?

ここら辺の選択で、ある程度対応できるようにして欲しいですね。

BO4 ベータ スナイパーライフルの感想のまとめ

ベータはとにかく敵が固かったです。

体力多いというのもありますが、個人的には海外サーバーが多く、めちゃくちゃラグかったので。

スナイパーで当てても、ワンテンポ遅れて倒れる敵を見ると、サブマシンガンとか使う気になれませんでした(笑)

ですが、個人的にはBO4はスナイパーゲーになりそうな予感。

ベータも良いけど、はやくBOT撃ちがやりたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。